交通事故によって怪我を負ったときに、被害者は病院などの医療機関に通院して診察を受けることになりますが、お医者さんに治療をしてもらっても完治に至らず、身体に機能的な障害が残ってしまうことがあります。この症状が後遺障害と法律上呼ばれるもので、一般的には後遺症と呼ばれています。交通事故が原因で後遺障害になったとき損害賠償を求めるためには、後遺障害等級というものに認定される必要があります。後遺症であっても、法律上の後遺障害に認定されなければ充分な金額の損害賠償金が求められません。後遺障害が認定されるかどうかで、自動車保険会社に求められる金額はかなり変動します。後遺障害は、お医者さんから治療をこれ以上続けていても症状が変化しない状態に至ったと診断された場合になります。

後遺症の後遺障害等級の認定について

交通事故による怪我の症状が治療を受けても変化しないことを症状固定といい症状固定と診断されたら後遺障害診断書をお医者さんに作成してもらいます。後遺障害診断書を基に後遺障害等級の認定をしてもらうことになります。後遺障害等級は後遺障害の症状によって1級から14級までに分類されていて、慰謝料や保険料は等級によって決められます。後遺障害等級の認定結果を基に、加害者と後遺障害慰謝料などの損害賠償金の金額について示談交渉をします。損害賠償金の金額は後遺障害等級により違ってきます。加害者側から被害者が受けることができる補償の内容は、後遺障害による部分と傷害による部分に大まかに分類できます。傷害による部分は、交通事故が原因で負った怪我を治療するためにかかった費用や仕事を欠勤せざるを得なかったことにより生じた損失についての補償です。

示談交渉と後遺障害等級の認定の手続き

後遺障害による部分についての補償についての示談交渉は加害者が加入している自動車保険会社とすることになります。示談交渉が合意に至れば無事に、交通事故が発生してから示談の同意に至るまでの流れとなります。後遺障害等級の認定には、事前認定による手続きと被害者請求による手続きがあります。事前認定による手続きとは、加害者が加入する自動車保険会社が手続をするものです。被害者請求による手続きとは、被害者や代理人となる弁護士が手続をするものです。事前認定による手続きは自動車保険会社が行うため、被害者の手間をかける必要がないというメリットがありますが、被害者や弁護士が自動車保険会社が提出している資料をチェックすることが出来ないデメリットがあります。被害者請求による手続きは、被害者が資料を提出する手間がかかりますが、資料を被害者や弁護士がチェック出来るメリットがあります。

当法律事務所は有楽町駅から徒歩3分、日比谷駅から徒歩1分。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 中村橋本法律事務所では初回は無料で交通事故の法律問題の相談を承ります。 交通事故の法律問題に関するお問い合わせは当法律事務所のサイトからも受け付けています。 中村・橋本法律事務所のサイトでは交通事故にあってしまった時に必要な知識をご紹介しています。 交通事故の損害賠償のことなら中村・橋本法律事務所