tシャツのデザイン注文によって即日対応可能

自作よりもクオリティを求めるならば業者任せ

自分で一からオリジナルtシャツを作るならば、材料やデザイン画の準備、プリントなどを施すため、低価格を求めるならば、自作で事足りる問題です。しかしクオリティを求めたい、あるいは、大量作成であれば、業者に注文し、スピーディーに発送してもらうことも可能です。業界最速のスピード、即日発送をお願いしたいならば、実店舗のみならず、ウェブ上で依頼できる業者、更に数分や数秒で見積もり、予算計算ができる業者選びがポイントです。納期も含め、疑問点はこの時に問い合わせておきます。また、即日となるスピードを求めるならば、オリジナルtシャツを何枚作成予定であるのか、色やプリントの有無など、予め決めておくとスムーズに見積もり、注文書を作成できます。しかし、スピード重視だからと言っても、金額だけで決めず、信頼できる業者のリサーチも必須です。

プロが素早く修正も行ってくれる魅力

スピード注文の流れとして、デザインテンプレートの利用が要となり、何種類もの画像、文字フォントの組み合わせで時間を要するのがオリジナルtシャツの難点です。最短即日仕上げ、納期を希望するならば、自由度は高いままで、テンプレートも豊富な業者選びにプラスして、イラストレーターで作成したデザインを送ることもおすすめです。最近では、プロデザイナーが修正して、最終的な仕上げを行ってくれます。基本、ウェブ上での依頼であるため、メールまたは専用フォーム添付の2パターンで行われます。急ぎの入稿で、それなりにクオリティを求めるにしても、画像と文字フォントの組み合わせは重要ですし、即日を謳う場合には、色やサイズ指定など、一定の条件、決まり事も挙げられています。

修正することまで考えて問い合わせる

オリジナルtシャツは、手描きならば、修正なども必要とするケースがあり、その対応によって時間の遅れに繋がることもあります。好みの色やインクカラー、プリント方法などは注文数とは関係性は薄いものの、要望が増えればトラブルの元になります。電話の方が対応もスピーディーで、条件も伝えやすくなります。逆に修正個所などは、言葉よりイラストや文字などが理解しやすく、メールなどが最適です。また、利用しやすいのはデザインシミュレーターソフトを採用する業者で、修正までもスムーズで、データ化の作業によって即プリント作業に移行できます。重要視したいのは、特殊加工を追加してしまうと、大幅に納期の遅れに繋がるため、通常加工がおすすめです。